ホームセンターの人工芝

ホームセンターで売られている人工芝ってどうなの?

ホームセンターで売られている人工芝って実際のところどうなの?という疑問について弊社としての考え方をお伝えします。

ホームセンターの人工芝について

とにかく安いホームセンターの人工芝

ここ数年でホームセンターでも家庭向けの人工芝が販売されるようになり、DIYでご自宅に人工芝を敷く方もいらっしゃるかと思います。ホームセンター品の特徴として挙げられるのは、まずその価格の安さではないでしょうか。弊社で販売している人工芝と比べると、2~3割安いものから5割程度のものまで見受けられます。安さはユーザーにとって大きなメリットですので、かなりのインパクトがあると思います。それにしても、どうしてこんなに価格が安いのでしょうか?

価格の違いは目的の違い

実際にホームセンターさんに確認したわけではないので、あくまでも推測にはなりますが、ホームセンターの人工芝がとても安い理由は、そもそも商品としての狙いが弊社で提供する人工芝とは違うからではないでしょうか?

専門業者の提供する人工芝

弊社で提供する人工芝は単に価格だけではなく、芝葉の外観(見た目、リアルさ)、施工後の仕上がり具合・美しさ、耐久性という多くの条件を兼ね備えた製品です。ユーザー様に出来るだけ安価で品質の良いサービスを提供したい、という方針からですが、ご存知の通り、価格と高品質は相反します。特に、人工芝の商品としての性質を考えると、屋外に設置して使用することが多く、しかも年単位で屋外の厳しい環境(紫外線や温度変化など想像以上に過酷な環境です)に置かれますから、価格を重視しすぎると劣化の進み具合が早い製品(安かろう悪かろうの製品)になる恐れもあります。

この様に、価格と品質のバランスが良い人工芝を提供するということは実は案外難しいことなのですが、製品開発や仕入れコストを抑えることによって、「ユーザー様が気持ち良く長く使い続けられる品質」を「手ごろな価格」で、お届けできることができています。

ホームセンターで提供されている人工芝

それに対し、ホームセンターで販売されている人工芝は、先ずは「多くの人に売れる・提供する」ことを目指しているのでは、と思います。これは、ホームセンターというお店として「ユーザーが買いやすく、生活に取り入れやすい商品を取り揃える」という宿命ともいえる部分で、ユーザーのどの部分のニーズに応えていくかという考え方や役割の違いですので、どちらが良いか、優れているかという問題ではないでしょう。(もちろん、コストを抑える企業努力もしているから安いとも思います)

ユーザーからすれば、安くて手が届きやすい商品であることは、かなり重要なポイントです。ホームセンターとしてはユーザーの期待にしっかり応えている商品を提供しているのですから、お店としての社会的な役割を果たして支持されていることになります。どの商品・サービスを選ぶかは、多くの選択肢があって結局はユーザー次第ですから、人工芝を自宅に使ってみたいなとお考えの方は、ご自分にあったものを選ぶことが大事だと思います。

お庭の人工芝
ちょっとした小スペースにも人工芝

品質的な違いについて

使用している素材・量の違い=価格の違い

ホームセンターの人工芝を店頭で見る限り、パイル(芝)の密度が低く、基布(生地)も薄くしているので、使用している材料が少ないく製造コストが低いという印象を受けます。また、材質自体が耐久性に劣るものを使用している製品もあります。ここから言えるのは、

 使用している原料が少ない(又は安い) = 製造コストが小さい = 販売価格が安い

ということです。上記に付け加えると、使用している材料が少ないと製造にかかる時間も短く、出荷後の輸送コストも抑えられます。
本当に単純な話ではありますが、この品質(材質)の差は、施工後の時間経過とともに見た目・美しさの大きな差となって表れる大事なポイントでもあります。

耐久性の差

耐久性とは、簡単に言うと「長持ちすること」ということですが、どの様な製品でも使われている素材によってかなり差が出ることはお分かりいただけると思います。人工芝で使われている素材はプラスチック(合成樹脂)ですが、プラスチックと一口に言っても素材によって耐久性はまちまちです。また、人工芝の場合、屋外では紫外線だけでなく、雨水、気温の変化にも常に晒されますし、踏まれたり擦れても、簡単に切れてしまったり、傷むことがない丈夫さが要求されます。ですので、プラスチック自体の耐久性はとても重要になってきます。
結局、この条件に対応しようとすると、材料自体のコストが大きくなりますので、価格を最重視する製品=安い製品は質は二の次にして製造することになります。すると、当然ですが製品の質・耐久性の差となって現れることになります。

品質を落として価格を抑えるか、品質は落とさずに価格はそこそこ

安い製品・商品を表現する言葉として「安かろう、悪かろう」という言い方がありますが、人工芝については、どちらのタイプの製品の方が優れているかということではなく、結局のところ、ユーザーさんの目的は何か、どちらが好みにあっているかということになると思います。DIYで手間を楽しみながらコストも抑えて庭づくりをしたいと考えるのか、業者に任せると一定の費用はかかるけども手間を省いて長い間キレイが続く庭にしたいのか、どちらの考えも「アリ」じゃないでしょうか。
ただ、弊社としては初期投資がある程度かかるにしても、「きれいが続くお庭」の方がお客様にとってメリットがあると考えますので、価格と品質のバランスがとれている防草シート同様、人工芝も弊社の製品をおススメ致します。

原反の寸法でも美しさに差が

ホームセンター等で販売されている人工芝の寸法は1m×1m、又は1m×2m位のものが多く、特に幅は防草シートと同じく小さめで一般ユーザーに使いやすいサイズになっています。ただ、寸法が短いと実際に施工する時に、つなぎ合わせ部分が増えることになります。つなぎ目が多いと、境目が目立って見た目が悪いだけでなく、後日、生地の収縮が起きた時に隙間が開いてしまい、見た目だけでなく雑草が生えてきてしまう原因にもなります。
それに対して、弊社で使用している人工芝は幅2m×長さ10mと大き目ですので、つなぎ目の数を最小にしつつ、プロの技術で目立たなく仕上げますので、きれいなお庭が長く続くのです。

下地作りではもっと大きな差が

美しさが長持ちするお庭にするには、人工芝の品質だけでなく、砕石を使用した下地作りも大きくかかわってきます。砕石を使用せずに土のまま人工芝を敷くと確実に地面がデコボコになりますので、見た目が非常に悪くなりますので、施工直後のきれいな状態を保つのは難しいでしょうし、人工芝がこの状態までくると防草シートもめくれてしまい、外観だけの話ではなくなり、土が流れ出てきたり雑草が生えてきてしまって非常にみすぼらしくなってしまう可能性があります。
ただ、そうは言っても、砕石を使っての本格的な施工となるとDIYで行うのは、なかなかハードルが高い気もします。

ですので、結論としては・・・

 とにかく価格を抑えたい方  ⇒ ホームセンター品がおススメ

 プロ基準のきれいが続くお庭にしたい方  ⇒ すごい人工芝にお任せ下さい!

プロ基準のきれいが続くお庭のイメージ
 

B!
人工芝サンプルと資料請求のイメージ

人工芝サンプル無料プレゼント実物を見て触って確かめてみて下さい!

訪問見積りをご依頼の方に限り、人工芝のサンプルを無料プレゼントします! 訪問時に人工芝サンプルとカタログをお届けさせて頂きます。ぜひ実際に手にとって見て触って体感してみて下さい。





    郵便番号をご入力いただきますと、住所の途中まで自動で入力されます。



    お問合せ訪問見積り依頼(サンプル希望)

    入力していただいた情報は人工芝のサンプルをお届けする以外の目的では使いません。どうぞご安心ください。

    最近の施工実績

    最近のブログ記事

    クレジットカードがご利用いただけます・分割払いOK・ポイントが溜まりますVISA/mastercard/American Express/JCB/Diners Club/Discover